【プロゲーマーになるために必要なこと】これからeスポーツ選手を目指すアナタへ

日本のeスポーツは、世界に比べまたまだ認知度が低く、プロゲーマーとしてお金を稼いで生活していく道は、現状はかなり厳しいのが現実です。

ですが、eスポーツは、これからの日本の未来を担う重要産業になる可能性と魅力は大いにあります。

というのも、日本人は大人も子供もゲームが大好きだから。

ニンテンドースイッチなどの人気ゲーム機だけでなく、最近はスマホゲームを四六時中楽しむ人もどんどん増えています。

なので、ゲーム産業は将来ますます有望な業界ですし、これらの流行から派生する新しい産業もどんどん生まれてくるでしょう。

現にeスポーツ関連の新規産業としては、高校の専科や専門学校の出現、専業ユーチューバー、プローチーム事務所なども増えはじめ、トレンドは拡大方向に凄い速さで進んでいます。

ですから、これからはおそらく確実に、あとほんの数年もかからずに、ゲームでお金を稼いで暮らしていくプロゲーマーは増えてくることでしょう。

そこで、ここでは、プロゲーマーになるために必要なことや、これからeスポーツ選手を目指す方法についてまとめました。

プロゲーマーは今はなかなか認められていない職業ですが、人生は一度きりですから大好きなコトで夢を実現させるのはアリです。

諦めなければ夢は必ず実現します。

プロゲーマーになるために必要なコトとは?

とにかく人気のゲームを練習しまくること。

というのも、現時点で人気のあるゲーム、あるいは世界大会で高額賞金の出るゲームでないと、プロとして活躍する場そのものがナイからです。

たとえば、スプラトゥーンでプロゲーマーを目指す場合は、最たる例です。

逆に、世界的に人気もあるゲームでテクニックを身につければ、びっくりするほど高額賞金を稼ぐプロゲーマーにもなれます。

たとえば、高額賞金の世界大会が開催されるフォートナイトなんかはスゴい。

そして、プロゲーマーも出場する大会(主流は格ゲーやFPS)にたくさん出場し、好成績を出して有名になること。

そうしてゲーマーとして名前が売れてきたら、プロゲーマーの集団やゲームスポンサーに注目される存在になります。

そこまでして、ようやくプロゲーマーの入り口に立つ状態です。

当たり前ですが、プロ契約を交わさない限りプロゲーマーではありません。

なので、プロゲーマーになれなければ、単なるゲームの上手な個人選手です。

プロゲーマーになっても試練は続く

上記の努力が実を結び、プロゲーマー契約ができたとしたら、その後の生活はどうなるでしょうか?

プロゲーマーはゲームの腕前を買われての採用ですから、同じシリーズのゲームを一日12時間以上ひたすらやって練習する生活が待っています。

お金を払って雇用しているチームスポンサーは、とにかく大きな大会でのチーム優勝を必達ノルマとしてきます。

そうしないと企業のPRにならないですし、プローチームとしての存在意義がなくなるからです。

たとえば、サッカーのJリーグで弱いチームは人気がなくなるのと一緒で、プロ競技は完全実力主義です。

そして、少しでも腕が落ちてしまったら契約解除。

毎年毎年、大型ルーキーも登場してきます。

なので、プロゲーマーの平均引退年齢は25から30歳です。

中での一番キツイのは

プロゲーマーとなると他のゲームをやりたくなっても許されない

ということ。

ですから、色んなゲームをやりたいというのが目的なら、プロゲーマーではなくストリーマーなどでお金を稼ぐ方法を考えたほうが良いでしょう。

プロゲーマーになれる確率とは?

このように、プロゲーマーの道は決して甘いモノではありません。

単にゲームが好きだとか、ゲーム上手というだけではなれないですし、むしろならないほうが良いのです。

プロゲーマーの世界は、他のプロ競技と同じように厳しい世界だということ。

プロサッカーや、プロ野球、プロテニスやプロバスケットボールなどの一流選手になることをイメージするのと一緒なんです。

ですから、他のスポーツ同様に、ゲームを愛し、そのゲームに生涯を捧げる気持ちで、根気強くゲームに打ち込む必要があります。

プロゲーマー最大の敵は親かも…

また、あなたのプロゲーマーになりたいと夢を反対する最大の敵は、あなたの両親であることがほとんどです。

これは『ドリームキラー』と呼ばれる存在のこと。

否定的な言葉によって、相手の夢や目標の邪魔をする人たちのコトです。

あなたの夢を

『そんなの絶対できっこない!』

と邪魔したり、希望を口にしたときに

『絶対に認めない!』

否定したりする存在です。

でも、あなたの夢を実現したいのなら、ドリームキラーに打ち勝つ精神力と行動力が必要になります。

あなたにはその覚悟があるでしょうか?

プロゲーマーは女性の憧れの職業ではナイ?

また、現時点でプロゲーマーに女性が少ないというのは事実ですから、先例がナイというも不安になるかもしれません。

ですが、女性は男性と比べてプロゲーマーとして有利な面もあるので、決して諦めることはありません。

左利きのプロゲーマーは?

日本人の10%はレフティであると言われています。

ですが、パソコンなどのゲーム周辺機器は右利き用にセッティングされているモノがほとんどです。

そんなレフティでもプロゲーマーになることは充分に可能、というか、むしろハンディは一切ないとされています。

高校には行かずにプロゲーマーを目指したい

現状のプロゲーマーの年齢は、16歳から25歳くらいまでです。

そう考えると、プロゲーマーの旬は高校生から大学生の間といっても過言ではありません。

つまり、その前にプロテクニックを習得していないと、もはやプロゲーマーになる確率は低くなると考えることもできるでしょう。

だから、高校には行かずに、あるいは高校を中退してプロゲーマーを目指すことに専念したいと考える人もいます。

そのような進路はアリなのでしょうか?

まとめ

プロゲーマーになりたいという夢を実現したいのなら、まずは絶対に諦めないこと。

そして、目標を決めたら具体的な行動をすること。

この2つのコツコツと続けられる人はプロゲーマーになれます。

また、夢の実現に向けて一歩を踏み出す行動をしたら、とたんに現実社会が変化しはじめます。

なので、まずは頭で考えるだけでなく、何か目標を達成するためのアクションをしましょう。

そうすればきっと、あなたの願いは現実化します。

とほかみえみため

⇒【プロゲーマーになるには】高校生から目指すのに必要な3つのコト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です